焙煎

OTOMONI COFFEEは浅煎り・中煎りコーヒー(シナモンロースト~ハイロースト前半)を中心にしています。
コーヒー豆は、サクランボに似たコーヒーの実の種子を取り出したものなので、浅煎り・中煎りコーヒーはそのコーヒーの実のフレッシュな果汁のような甘酸っぱい酸味を味わうことができる焙煎度合いです。
品質が良くなく、古い豆ではこのフレッシュな果汁の酸味を味わうことはできません。OTOMONI COFFEEで取り扱っているスペシャリティーコーヒー豆を浅煎りの焙煎方法で苦味を控えめに仕上げると、甘さを伴った良質な酸味を感じることの出来るOTOMONI COFFEEの目指すコーヒーになります。

焙煎によって味わいが変わります。コーヒーは焙煎によって、初めておなじみの色と芳ばしい風味が生まれます。同じ豆で比べた場合、一般的に焙煎が浅いほど酸味が強く、深いほど苦味が強くなるため、焙煎が進むにつれてコーヒーの味わいも少しずつ変化します。

そして、カフェインは焙煎が深いほど少なくなります。

その豆それぞれの風味を楽しむために、これまでのようにローストを進めてカラメル化させた芳ばしいコーヒーではなく、苦味につながる反応を極力抑え、コーヒー豆の持つフレッシュな酸味と甘味から感じる果実感、そして個性豊かな風味を浅めの焙煎で表現しています。

「焙煎が上手くなれば、どんな豆でも美味しくできるのでは?!」
と色んな豆で試してみました。でも、スペシャリティーコーヒーと言われる高品質の豆はやはり素晴らしく美味しく仕上がるという結果に辿りつきました。
「浅煎りコーヒーは酸っぱくて苦手」と思っていた時期もありましたが、スペシャリティーコーヒーが持つ、フレッシュでフルーティな甘さを持つ酸味はとても美味しいのです。
各豆の個性豊かな風味を大切に守る為に、OTOMONI COFFEEの生豆は穀物冷蔵庫で出番を待っています。小さなお店だからこそ使い切るまでの期間も鮮度の良い状態で保管し、皆さんの手に届く豆がその個性を発揮出来るように心掛けています。酸味、甘み、舌ざわり、後味、豆の特性、これらのバランスを考えて煎りの深さを決め、手を抜かずにこだわり抜いたコーヒーを提供していきたいと思っています。